水素水無農薬高麗人参水耕栽培

水素ビジョンは、世界で最初に水素水を利用し無農薬高麗人参の水耕栽培に成功しました。

水素水無農薬高麗人参水耕栽培

従来は、栽培が難しいとされてきた高価な高麗人参
高麗人参の高い価値については、誰もが知るところではありますが、残留農薬などの問題で良質な高麗人参は入手困難な状況にありました。
H2ビジョンでは、高麗人参の成長速度を早め、水素の除菌力による無農薬化を実現しました。
高水準での品質管理、そして出荷時期の調整が可能になりました。
また、品質の信頼性や販売力、労働力の維持管理などメリットのある栽培方法を確立することができました。
いよいよ水素の農業への貢献が始まろうとしています。

従来の高麗人参との比較
土壌栽培(露地)高麗人参 項目 水素水・水耕栽培・高麗人参
土壌栽培、低農薬
(中国産:猛毒性農薬使用確認)
生産方式 水素水での高麗人参水耕栽培は農業革命、無農薬栽培の実現で安全な食を確保
根の収穫が目標、薬用 生産 目標 まるごと(根+葉+幹+実)薬用健康食品、健康機能性食品
3~6年(実際は4年以内の生産製品) 生産期間 2~3ヶ月
自然条件に影響される 生産量 計画栽培 可能
不可 均一品質 環境制御を介して可能
高年根であるほど効能が高いと証明 薬効、効能 根より葉、実、茎(幹)がサポニン含有量が多く、価値がある事を韓国政府が公式に立証
長い歴史を通して、認知度は高いが栽培環境の変化で紅参などの特定製品以外は販売禁止(農薬含有過多を憂慮) 認知度 水素ビジョン(株)の独自特許技術
今後の特許技術普及と事業拡張段階
水素水で水耕栽培 高麗人参 ginsenoside 含有量比較
ginsenoside (茎)幹

平均(%)

比率(%)

平均(%)

比率(%)

平均(%)

比率(%)

Rg1

0.41

25.92

4.04

28.72

0.45

50.78

Re

0.17

10.92

1.42

10.09

0.26

29.39

Rf

0.06

3.61

-

-

0.01

1.37

Rb1

0.33

20.97

0.37

2.61

0.01

1.01

Rg2

0.04

2.32

0.94

6.68

0.06

6.64

Rh1

0.27

16.91

1.41

10.04

0.00

0.00

Rc

0.15

9.63

1.53

10.84

0.02

2.14

Rb2

0.02

1.32

0.22

1.58

-

-

Rd

0.13

8.40

4.15

29.45

0.03

8.67

Total

1.58

100.00

14.08

100.00

0.88

100.00

PD/PT

0.67

-

0.80

-

0.13

-

各項目の効能詳細
RO
アルコール解毒、抗肝炎効能、抗炎症作用
Rb1
中枢神経抑制、解熱鎮痛、肝臓機能保護
Rb2
抗糖尿病、抗動脈硬化、肝臓細胞増殖
Rc
鎮静作用、たんぱく質と脂質合成の促進
Rd
副腎皮質ホルモンの分泌促進作用
Re
抗糖尿病、肝臓保護作用、骨髄細胞形成促進作用
Rf
脳神経細胞の鎮痛作用、脂質過酸化抑制
Rg1
学習機能の改善、抗疲労作用
Rg2
血小板凝集抑制、記憶力減退改善作用
Rg3
抗認知症、血圧降下、がん細胞転移抑制、抗がん剤耐性抑制
Rh1
肝臓細胞の保護、抗腫瘍作用、血小板凝集抑制
Rh2
癌細胞の増殖抑制、腫瘍増殖抑制、肌の免疫効果
サポニンの宝庫、水素水の水耕栽培人参

水素水の水耕人参の葉は、肝機能を保護、疲労回復機能を持つジンセノサイドGinsenoside(サポニン)Rg1とRb1を65%以上含有しており、紅参にも含まれない抗腫瘍作用成分のサポニンRg1を16.91%も含有している。

サポニンは、約750種の植物に含まれているが、高麗人参に含まれているサポニン成分は、トリテルペノイド系のダムマシラン系サポニンとして、他の植物ではほとんど発見されていないユニークな化学構造を持っている。

高麗人参で発見されるサポニン成分を特別に"ジンセノサイド"と呼ぶ。

水素水の水耕人参の葉は根より茎や葉にサポニンの含有量が高い。
水素水の水耕人参の根は、サポニンの含有量が、14.3~15.8mg/gで、栄養的な価値が高く、さらに葉と茎にはビタミンCが65.9mg/g、サポニンの含有量は、根より8~9倍も多い140~180mg/gである。

人参の葉は、肝機能保護と疲労回復機能を持つジンセノサイドRg1とRb1が65%以上、特異サポニンRh1含有(韓国農業研究所資料引用)

韓国産 6年根 人参:10mg/g(kg当たり)
長脳参の場合:30mg/g
水素水での水耕栽培の葉の場合:140~180mg/g
水素水 水耕栽培の根の場合:14.3~15.8mg/g

Ginsenoside(ジンセノサイド)の効能

水素水で水耕栽培した高麗人参の葉は、肝臓機能保護、疲労回復機能を持つジンセノサイド(サポニン)Rb1とRg1を65%以上含有しており、特に紅参にも含まれない抗腫瘍作用成分のサポニンRh1を16.91%も含有している。

a. 人参のサポニンは人参の配糖体である意味でジンセノサイド(ginsenoside)と呼ばれる。
b. 性質:石けんのように微細な泡を出す。
c. 作用:鎮静作用と興奮作用のバランスが取れており、血圧や体温など体内調節をして抗酸性維持に役立つ。
d. 最近、抗癌、抗酸化、コレステロール低下の効果などで高く評価されている。

©H2Vision+ All right reserved.